Yesterday
Today
.oO(スポンサーサイト)
top↑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | top↑
.oO([シャナーハ草保護作戦]と[イルルシ掃海作戦])
top↑
[シャナーハ草保護作戦]

作戦領域 ルジャワン霊窟
作戦目標 穴ウサギの殲滅+薬草の保護
募集要員 レベル50 3~6人
作戦指令
ルジャワン霊窟にしか生えない稀少な薬草
「シャナーハ草」が、昨今の穴ウサギの大量
発生によって絶滅の危機に瀕している。アサ
ルト要員はただちに現場に急行。穴ウサギを
駆逐し、シャナーハ草の保護に努めよ。



[イルルシ掃海作戦]

作戦領域 イルルシ環礁
作戦目標 座礁船の残骸の解体
募集要員 レベル50 3~6人
作戦指令
イルルシ環礁の座礁船の残骸を、コルセアが
密かに集めている、との密告があった。故に
皇国軍工兵隊では作業用オートマトンを用い、
これらの残骸の解体を試みる。アサルト要員
は現地の指示に従い、掃海作業を幇助せよ。




前にも書きましたが、
アサルトを受ける時にはAC5風のブリーフィング演出が欲しいですね。
作戦指令内容を読んでいると、
頭の中にAC5のブリーフィング時に指令内容を喋ってた人の声がなぜか蘇ってきます。
こりゃ重症です(汗)



エー、さて。
それでは最初に[シャナーハ草保護作戦]から。

作戦指令の内容通り殲滅系のアサルトです。
ただ穴ウサギの数が非常に多い(20匹程度らしい)上に、
狭い場所に密集しているのでリンクもしやすいです。

なので範囲睡眠の手段があったほうがいいでしょう。
それさえ確保すればあとの前衛後衛の編成は適当でいいと思います。
数は多いですが単体は非常に弱いので。(LV75の6人PTで25EXP前後)
ウサギのHPは大体1500程度だと思われます。


ウサギが生息しているのは作戦エリアに入った地点の広場のみ。
南北に通路がありますが初期状態ではそこにウサギは居ません。
南北の通路方面にはシャナーハ草が生えている場所があって、
時間の経過とともにウサギがそちらに向かっていくんじゃないかな。
放っておくとドンドン草を荒らされるっぽい!(今回は未確認)
草を荒らされた数次第でどうやら取得作戦戦績が減るようです。
6人PTの初回クリア時で1401Pの作戦戦績を取得(非リーダー時)
たぶんこれはひとつもシャナーハ草を荒らされなかった場合です。


今回の感じだと、
編成次第ではおそらく4人PTでも余裕でクリア出来そうでした。
3人だと野良でのクリアはちょっとキツそうかなー。
やってやれないことはないと思いますが、編成縛りは強烈でしょうね。
ちなみに今回の6人PTの編成は[忍戦モ赤赤吟]でした。
この編成だと楽勝すぎて当然でしたかね・・・w
あ、最後になりましたが制限時間は30分です。




次は[イルルシ掃海作戦]へ。
制限時間は30分。内容はちょっと特殊でしたね。
指令内容通りオートマトンと共同での作業になります。


作戦エリアに入り、NPCに話しかけるとオートマトンPOP。
最初に話しかけた人のあとについてくるようです。
エリア各所に点在する木で道が塞がれたような場所へ行くと、
マトンが何かしゃべって障害物へ攻撃を開始します。
この障害物はタゲる事が出来ないのでPCからの攻撃は不可。
よって完全マトン任せになります。
マトンに対してプロシェルヘイストケアル等はかけられるようです。


そしてマトンがWSを撃つとカニがPOPしてマトンを攻撃してきます。
破壊されないようにマトンを守りましょう。
この際ガ系魔法をカニに撃つと、障害物を巻き込むことが出来ました。
障害物破壊の時間が短縮されるので、
これが可能な編成ならやった方が良さそうでしたね。
ちなみにカニにどんな敵対行動を取ろうとどんな大ダメージを出そうと、
こちらには一切タゲがきません。マトンのみ狙ってきます。

なので開幕からガⅢ系ブッ放してもまったく問題なかったです。
これがまたなかなかどうして爽快じゃーないですかw
普通のPTでやったらもれなく墨魔の烙印を押されそうですけど、
タゲがこないって最高!今回はヒャッホイさせて頂きましたww


こんな感じで5箇所の障害物を壊した後、
最初のNPCに話しかけるとクリアになります。
注意すべきなのは5箇所壊しただけではクリアにならないという点。
必ずそのあとNPCに話しかけに戻りましょう。

あとは障害物以外にもエリア各所にインプが点在しています。
つよさはLV75からみてつよだったかな。
可能な限り戦闘は避けるべきでしょうけど、
戦っても大して強くないので問題無さそうでした。


それと今回は未確認でしたが、
最初に話してマトンが後をついてくるようになった人がマトンから離れると、
カウントダウンを開始するようです。
そのカウントダウン中に別の人が話しかけると、
ついていかせる人を変更させる事が可能なようです。
ただしカウントゼロになると自爆してしまうので、
そうなってしまった場合は最初のNPCに話しかけることでマトン再POP可。


6人でクリアして初回時の取得作戦戦績は1050P(非リーダー時)でした。
2回目以降は700Pということになるのかな。
ちなみに編成は[忍戦暗黒赤吟]の6名でした。

↑の[シャナーハ草保護作戦]は人数を多少減らせば、
運に作戦の成否を左右されやすい[オリハルコン鉱脈調査]にとって替わる、
ルジャワン霊窟の戦績稼ぎ用アサルトとして十分使えそうな感じでしたが、
この[イルルシ掃海作戦]はダメっぽいですね、こりゃー。
一度クリアしたら2回目行こうと思う方は少ないでしょう。
イルルシには、
[ラミア13号討伐作戦]という最強のお手軽作戦がありますからねぇ。
V.up後も3人で1200P(非リーダー時)とか稼げるらしいですし( ´・ω・)



と、こんな感じで傭兵長のアサルトを紹介してみました。
SSを撮るのを見事に忘れたせいで文章ばかりになってしまいましたけど、
やっぱり文章だけだと読む側は疲れちゃいますよね(汗)
スポンサーサイト
[2006/07/27 12:58] Vana@アサルト&ビシージ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
≪デュナミス=ブブリム | ホーム | 傭兵長昇進クエと燃ゆる高空で累積魔法耐性検証(?)≫
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://alforina.blog14.fc2.com/tb.php/259-a06629b1
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。